2005年05月05日

ベルリン至宝展

「ベルリン至宝展」に行ってきた。
東京国立博物館で、行われている。
ここは、上野駅から、すぐのところなので、わかりやすい。
だが、今の時期、「恐竜博」を、隣接する、「科学館」で、やっているせいで、とにかく、人が多い。
ここに、行くのは、「連休」が、明けてからが、お勧めのようだ。
上野の森の、森林浴も、楽しめるから、人が少ない、平日が、いいだろう。
また、藤棚も、満開だったし、ラベンダーも、満開で、いい香りが、風の中にしていた。
しかし、今日は、天気がいいせいもあって、「恐竜展」は、なんと、2時間待ちだった!
いくら、5月でも、そんなに、外で待っていたら、気分が悪くなりそうだ。
いつもは、広々としている、上野公園も、今日ばかりは、人ごみで、子供などは、手をつないでなくては、迷子になりそうだ。

「東京国立博物館」は、上野駅から降りて、上野公園の奥にある。
DSCF0247.jpg
DSCF0248.jpg
「平成館」というところで、やっている。
順路には、こんな↑看板が、立っているから、わかりやすい。
DSCF0250.jpg
中に、入ると、結構、いっぱい、作品が、あって、見るのに、1時間くらいは、かかる。
しかも、今日は、「館内、混雑中!」の表示まで、あった。
これなら、「横浜美術館」のほうが、人を中に入れないから、まだ、親切かもしれない?!
とにかく、人の多さで、前が見えないのだ。
161センチの私では、背が低すぎて、覗けないexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)
隙間から、入り込んで、やっと、見れたexclamation×2
背が低いのも、いいかもexclamation&question
こういう、イベントのときは、180センチくらいに、生まれたかったと、思う瞬間だ・・・。
なんせ、今日の、展示物といったら、「小さいexclamation×2」かわいいといえば、とっても、かわいくて、綺麗なのだけど・・・。
エジプトの、ミイラの棺も、かなり、小さく思えた。
あれに、私は、入らないかも?!
だが、なんといっても、一番の私の収穫は、「アンティノウス」に、めぐり合えたことだハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)
中学時代に、「ギリシャ・ローマ文化」に、ハマって以来、ずっと、憧れていた、「像」なのだ揺れるハート
でも、実際に、見てみると、なんとかわいいのだろうるんるん
「アンティノウス」といっても、お分かりにならない方は、多いと思う。
彼は、ローマ皇帝、ハドリアヌスの恋人だった少年。
ローマ時代は、「男色」は、普通のことだったから、なにも、目くじらを立てることではない。
その時代その時代で、人の「美意識」や、「常識」というものは、変わっていく。
「キリスト教」が、浸透するまで、「同性愛」というものは、否定されては、いなかったともいえる。なぜなら、「ギリシャ神話」の中には、それらしき話が、多く見られるからだ。
ところで、どうして、「アンティノウス」に、私が、興味を持ったかというと、ハドリアヌスは、この少年の「像」を、多く作らせているからだ。これも、愛情のなせる業なのか?!
おかげで、この時代の、美術作品を見ることができる。
確かに、綺麗な作品だった。たった、1点だったけど、満足といえる。
ボッティチェリの、「ビーナス」も、綺麗だった。
縦に長いこの作品は、「神聖さ」を、感じさせる。「ビーナス」は、小顔で、8〜9頭身に見える。当時の人々では、考えられない、スタイルのよさだ・・・。がく〜(落胆した顔)
ラファエロの「聖母子」も、綺麗だったるんるん
これで、人が、少なければ、大満足だったのだけどね・・・。

DSCF0253.jpg
上野公園の噴水から、「平成館」をのぞむ・・・。↑

イベント東京国立博物館アート

開催期間:イベント 2005年4月5日(火)〜6月12日(日)

開館時間 9:30〜17:00 (休館日:月曜日)
 
最寄り駅:電車 JR上野駅公園口

イベント尚、TBSか、asahi.comのHPにアクセスして、「割引ケン」を、プリントして、もって行くと、1枚につき100円の「割引」を、してくれますので、お得でするんるん
 
詳しくは・・・東京国立博物館のHP
posted by sirver moon at 00:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 美術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

「美術館へ行こう!」のトラックバック作りました。

もうひとつ、「トラックバック・ピープル」に、申し込んでいた、話題が、承認されました。
「美術館」が、大好きなので、「美術館へ行こう!」という、「トラックバック」を、作りました。

「美術館」や、「博物館」に行って、記事を書くことが、あったら、ここへ、トラックバックを、お願いします。
また、「美術館」や、「博物館」の展示情報や、個展のおしらせでも、かまいませんので、どうぞ、よろしく、お願いします。m(__)m!!

スペードトラックバック先は・・・<http://member.blogpeople.net/tback/02568>です。
posted by sirver moon at 11:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ルーブル展

img67.jpg
今、横浜で、「ルーブル美術館展」が、開催されている。

私の、1番好きなこと。それは、「絵画鑑賞」です揺れるハート
本当、言うと、これより、以上に好きな趣味は、ほかには、ありませんハートたち(複数ハート)
3歳のとき、兄の書斎で、「美術全集」なるものを、発見しました揺れるハート
幼い私は、「綺麗な絵画」に、釘付けになりましたるんるん
そのときに、見たのが・・・。ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングルの「泉」です。

img92.jpg
この、絵画の、本物を、ずっと、見たいと思っていました揺れるハート
その、「絵画」に、今日、やっと、逢って、きましたるんるん
私にとって、長年の恋人に、やっと、会えたような、そんな気持ちですわーい(嬉しい顔)
早速、携帯ストラップを、買ってきました。わーい(嬉しい顔)
img88.jpgimg71.jpgimg82.jpg
ほかにも、沢山の、すばらしい、作品が、いっぱいありました。
コロー、ダヴィッド、ジェリコー、ドラクロワ・・・。
大好きな、作品ばかり見てきたので、おなかが、いっぱいになったような感じでするんるん
とってもいい、「心の洗濯」になりました。
「綺麗なもの」は、心を、癒してくれまするんるん
最近へこみ気味だった、私も、大好きな「絵画」を、見て、とっても、元気になりました。
「西洋の絵画」は、「ギリシャ神話」や「聖書」を、読んでいると、理解しやすいです。
今回の作品も、「ギリシャ神話」や、「シャークスピアの作品」や、「聖書」にまつわる、絵画が、多くて、とっても、楽しかったです。
それに、「フランス革命」の、ナポレオンも、忘れては、いけませんね。
ある絵画の中に、モナリザが・・・!?わーい(嬉しい顔)
これは、行ってのお楽しみでするんるん
今日は、30分〜1時間待ちでしたよ〜。
やっぱり、美術館は、休み明けのほうが、ゆっくり見れてよかったかもexclamation&question

DSCF0214.jpg
美術館から、出たら・・・。晴れ青空の下、「花水木」が、満開でしたるんるん
花水木の木に、いっぱい、雀たちが、やってきて、おしゃべりを、していました。
日差しが強く、暑かったのですけど・・・。風は、とっても、さわやかでしたよるんるん
DSCF0216.jpg

イベントルーヴル美術館展アート
2005年4月9日〜7月18日まで「横浜美術館」にて、開催。
休館日:木曜日
決定:ただし・・・4月29日〜5月8日(日)は、無休exclamation×2
時間:午前10時〜午後6時
決定ただし・・・4月29日〜5月8日は、8時まで開館
内容:19世紀のフランス絵画 ___新古典主義から、ロマン主義へ
電車最寄り駅:みなとみらい駅

アート 「ルーブル美術館」公式サイト
posted by sirver moon at 01:46| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。